Top Page F.W.Nとは 活動履歴 例会・セミナーのご案内 会員紹介 入会案内 レインボー お問い合わせ
F.W.N活動履歴

1992年に発足してから現在までの活動内容です。
会員が外部セミナーの講師として活躍することや
大阪府立産業開発研が監修する月刊誌「産業能率」に寄稿するなど
会員の活動支援も行っています。


特別セミナー
 「米国におけるインターネットビジネス」


 
  日時:2000年1月18日(火) 14:00〜16:00
  場所:ドーンセンター 5F大会議室
  講師: グローバルリンク 代表 有元美津世 氏
1983年、府立大阪女子大学学芸学部英文学科卒業。日本企業、アメリカ企業勤務を経て、86年渡米。 アメリカ企業勤務後、6年間、日本企業アメリカ現地法人の責任者として、主に化学品、プラスチック、電子機器などのマーケティング、輸出入に従事。
93年、カリフォルニア大学アーバイン校経営学部修士(MBA)課程卒業。
94年、グローバルリンクコンサルティンググループ設立。技術ライセンス契約や製品開発など日米ハイテク企業間の戦略提携、プロジェクト管理、市場調査に携わる。特に米国EC(電子商取引)、インターネット、通信分野を専門とする。米国ベンチャー事情にも詳しい。現在、日本でのSOHO向け支援ビジネス立ち上げに向け準備中。

 今回の講演では、まさしくタイトルのとおり、最新のインターネットビジネスのお話としくみについて聞くことができました。
 まず最初に、インターネットビジネスに欠かせない用語の説明から始まりましたが、インターネットをしたことがない方にとっては、EC(電子商取引)って何???「EC=えらいこっちゃ」の略かしら…・。と思った方もいらっしゃったかもしれません。
しかし、日本においても電子商取引は、実際に行われていることで決して珍しいことではありません。でも、アメリカより何年も遅れていることは事実です。遅れている原因は、インターネット人口の一般大衆化。また、オンライン業者の市場構成、消費者のニーズ、マーケティング方法、オンラインに適した商品などの理解不足が要因ではないでしょうか。
 講演では、新しい"しくみ"で運営しているサイトなども紹介されました。 有元さんもよく利用しているという、Lands' End, Inc. (http://www.landsend.com/)では、衣料品を販売しているサイトで、ネット上でも1点1点の商品がとても見やすく整理されています。しかし、何千、何万点の商品の中から自分の欲しい商品を選ぶとなれば、多くの時間と通信料がかってしまいます。このサイトの新しいしくみは、自分のサイズと髪型と好みの色などを入力すると、自分に似合うデザインとサイズも合った服を選んでくれるサービスが提供されていることです。 通常、オンラインショッピングを利用する方は、持て余すほど時間のある方ばかりではなく、買い物に行けないほど忙しい方がほとんどではないでしょうか。日本にもLands' Endのようなサービスを提供しているサイトがあれば、利用したいものです。
その他には、航空券などのオンライン仲介業者やオンラインオークションなど、顧客が価格を設定できるユニークなしくみを取り入れたサイトなども紹介されました。
 では、それらのインターネットビジネスによるアメリカ経済は、どのようになっているのでしょうか。 アメリカでは、98年度がEC元年といわれており、149億ドルだったインターネット経済が99年度では、3000〜4000億ドルに達し、120万人を雇用する市場となっています。また、現在のインターネット利用者は4800万人で、そのうちネット上で何か買い物をした人は、2000万人に達しているということです。 80年代後半から90年代の不景気だったアメリカを景気好転へと導いたのが、新たなテクノロジー会社とインターネットビジネスなのです。今の日本の不景気を回復する鍵を握っているのは、インターネットなのかもしれません。 広い場所や多くの人材、また多額の資金を必要としないインターネットビジネスは、私達中小企業にとっても新しいアイデアさえあれば実現可能なビックビジネスではないでしょうか。
 これから、インターネットビジネスを始めたいという方は、有元さんの著書を参考にされてみてはいかがでしょうか。   

参考書籍    「全図解 インターネットビジネス」 あさ出版 著者:有元美津世

  
[ BACK ]


  Copyright(C) FWN all right reserved.
Top